目の健康食品の成分で、なごみアイにはない重要なものって?

ステラ漢方のなごみアイにない目の健康成分は?

ステラ漢方目のサプリなごみアイには
目の健康にとってえりすぐりの効果的な
成分が入っています。

 

でも、世の中には目に効果的な成分は
たくさんあります。

 

なごみアイに入っていない成分の中で、
「これは!」という重要なものも
あるのではと思い、調べてみました。

 

なごみアイに含まれている成分
あげると、

 

プロアントシアニジン、ルテイン、
ゼアキサンチン、アスタキサンチン、
クロセチン、キナ酸、クロロゲン酸

 

になります。

 

これ以外で健康食品に使われている
成分を調べてみることにしました。

アントシアニン、なごみアイにない理由とは?

目のサプリをいろいろお探しの方なら、
アントシアニンという成分名を
よく目にしていると思います。

 

アントシアニンはブルーベリーや
マキベリー、カシス、アサイーなどの
実からとれる成分です。

 

視覚機能の改善効果や眼病予防効果を
もつポリフェノールで、多くの目のサプリに
配合されています。

 

目の健康食品の成分としては重要で、
多くの目のサプリに使用されているのに、
なぜなごみアイには使用されないのか?

 

それはブルーベリーの実の代わりに、
「葉」を使用しているからです。

 

これは「なごみアイの公式ページなごみアイの公式ページ」にも
しっかり書かれていますので、
それをご確認ください。

 

じつは、ブルーベリーの「」には、
実以上にたくさんの、そして効果の強い
ポリフェノールが含まれている
のです。

 

そのうちの一つが
プロアントシアニジンです。

 

だからなごみアイにはブルーベリーや
マキベリーなどの実のエキスは
使用されていないのです。

 

これがなごみアイにアントシアニンが
含まれていない理由です。

夜盲症予防効果・β−カロテンがなごみアイにないのはなぜ?

目の健康食品成分の一つにβ−カロテン
という成分があります。

 

緑黄色野菜などに多く含まれる
カロテノイドという種類の成分です。

 

夜盲症の予防効果や黄斑変性の予防
といった眼に対する効果のほか、
美肌効果やガンの抑制の効果もあります。

 

このβ−カロテンも、目の健康食品に
ちょくちょく使われている成分です。

 

しかし、なごみアイには
使われていません。
なぜでしょう。

 

それは、普段の食事から充分摂取が
可能な栄養素だからです。

 

少し調べてみただけで
わかると思います。

 

β−カロテンを含む食材は数多く、
また、含まれている量も多いのです。
いかにその例を少しだけあげます。

 

☆食品100gあたりのβ−カロテンの量(μg)

にんじん  8,600
パセリ  7,400
ケール  2,900
味付けのり 32,000
焼きのり 27,000
わかめ  7,800

 

100gのにんじんやパセリは、
1日でてべるにはけっこうきつい
量だなと思います。

 

しかし、1g摂るだけで86μg、74μg
摂ることができるわけです。

 

また、のりを1g食べるだけで
320gあるいは270gのβ−カロテンを
摂ることができるわけです。

 

さらに、ケールは青汁にも使われている
素材です。青汁を飲むだけで相当量の
β−カロテンを摂ることができるでしょう

 

このように、β−カロテンは
普段の食事で充分まかなうことの
できる成分といえるのです。

 

β−カロテン1日の必要量は?
⇒ こちらの記事で確認!

 

サプリには、サプリでしか摂ることの
できない重要な成分を入れるべきです。

 

それが理由で、なごみアイには
β−カロテンが含まれていないのです。

 

なごみアイに含まれていない成分には
含まれていないだけの理由が
あるようです。

 

他にもなごみアイに含まれていない
成分はたくさんあります。

 

その中には本当は採用すべき?
という成分もあることでしょう。

 

それらを見つけ次第、
この記事に書き足していくように
しようと思っています。

目の健康食品の成分のうち、なごみアイにはない重要なものは?記事一覧

目の健康食品の成分β−カロテンの1日必要摂取量はどれくらい?

夜盲症の予防や黄斑変性症の予防など目の健康に重要なβ−カロテンという成分の必要摂取量は?1日にいったいどれくらい摂ればいいの?と思ったことはありませんか?調べてみても、「1日〇〇mg!」と明確に書いている記事などがないんですよね。どうしてかな?と思ってさらに調べてみました。β−カロテンは体内でビタミ...

≫続きを読む