ポリフェノールっていったい何?どんな成分?

その数は5000種類以上!?ポリフェノールとはどんな成分?

アンチエイジング、美容、あるいはメタボ予防などの
健康分野で必ずと言っていいほど話題に上がるポリフェノール
という成分。一体何なのか?

 

例えば、健康や美容に関するいろいろな食品などで
話題に上がる成分が、「それはポリフェノールの一種で・・・」
という説明だったりすること、けっこうありますよね。

 

例を挙げるとこんな感じ。

 

「赤ワインに含まれるレスベラトロールという成分は、
ポリフェノールの一種で、強い抗酸化力を持ち・・・」

 

「緑茶に含まれるカテキンという成分もポリフェノールの一種。
優れた殺菌効果のほか、血中コレステロールの増加を抑える作用が・・・」

 

あれも、これも、それも、「ポリフェノールです。」といわれても
意味が分からないなぁ、と思ったことがあると思います。

 

ポリフェノールとはそもそも、植物が光合成をおこなう際に
作られる物質
のことです。

 

お茶の苦みや渋み、あるいはアク、ブドウなどが持つ色素の成分
などを総称してポリフェノールと呼んでいるのです。

 

全部で5000種類以上あるとのことですが、さきほど上げた
レスベラトロールとかカテキンとかは、そのうちのほんの
1種類に過ぎません。

 

しかしそのポリフェノールには共通する作用・効能をもちます。

 

それが「抗酸化作用」というものです。
体内で発生する活性酸素を無毒化する作用のことを言います。

 

「活性酸素」は体にとって「悪役」として登場することが
多いのですが、じつは重要な役割をもっています。

 

体内に侵入してきたウイルスや細菌を撃退するのです。

 

しかし、ストレスや喫煙、さまざまな要因によって過剰に
活性酸素が発生することがあります。その活性酸素は外敵ではない
正常な細胞や組織を傷つけてしまうのです。

 

そしてそれが老化や生活習慣病などの原因となるのです。

 

ポリフェノールを摂取することで、その活性酸素を除去するのに
役に立つと考えられている、というわけです。